商品詳細

この音とまれ!

KONO OTO TOMARE!

買取できる主なこの音とまれ!

古本買取TOWNでは「この音とまれ!」に関連した商品を数多く買取しております。以下のような商品をお持ちの方は古本買取TOWNまでどうぞ!当社では、他のどの買取業者より高額での買取をさせて頂いております。

この音とまれ!の買取実績

古本買取TOWNにて、実際に漫画を買い取らせて頂いた際の買取価格や、利用されたお客様のご感想を公開いたします!当社では、皆さまから寄せられたご意見を参考資料として今後の運営に役立ててまいります。

  • この音とまれ!の全巻セットを

    この音とまれ!の全巻セットを2,870円で買取!

    まだ続きを集めたいところでしたが、いろいろあって手放す状況になってしまったので、今回買取をしてもらうことになりました。いくらぐらいになるのか見当もつかなかったですが、査定してもらってから他のサイトを調べたらかなり高いみたいだったのでそのまま買取ってもらいました。何社も試したわけではないですが、ここでよかったと思います!

  • この音とまれ!の最新刊を

    この音とまれ!の最新刊を200円で買取!

    新刊を2冊も買ってしまって、1冊売らないとなとなりました。1冊だけのために古本屋に行くのもめんどうだなと思っていたので、宅配で買取をお願いしました。1冊からでも買取ってくれて、送料もかからなかったのはすごくありがたかったです!!申込みもすぐできたし思っていたよりも簡単だったから楽でした。ありがとうございました。

この音とまれ!とは?

「この音とまれ!」は、現在ジャンプスクエア誌上にて、2012年より連載されている箏をテーマにした漫画作品です。他にはあまり見られない箏が題材となっていることもあって、連載開始当初から注目を集めていました。
主人公は、高校1年生の久遠 愛(ちか)、元ヤンであり、地元においては異名が付けられるほどの不良でした。しかし、箏をつくる職人の祖父に面倒を見てもらっているうちに、性格も丸くなり箏にも興味を持つようになりました。中学校3年時にある事件が起きて祖父が亡くなり、その時愛は祖父の大事にしてたものが何なのかが知りたいと考え、祖父が創部した時瀬高校の箏曲部への入部を決めます。その箏曲部の唯一の部員である倉田は、不良である愛の入部を拒否しますが、次第に愛の箏への真剣な気持ちを知って入部を許可しました。その後、箏曲部は部員を増やしていき、時にケンカなどもしながら、一丸となって全国の頂点を目指していく、というストーリーです。箏のことを全く知らなくても、自然と読み進められるテンポの良さと、箏のメロディが聞こえてくるような確かな画力で、他に類を見ない箏曲漫画というジャンルを確立した作品です。作者のアミューは、「この音とまれ!」が初連載ながら、美しく共感しやすい絵柄と、箏という難しいと思われる題材を読者にもわかりやすく読みやすいものに仕立てあげており、今後も注目されている漫画家です。

宅配買取の申し込みはコチラ