買取価格情報

買取価格情報

STAFF BLOG

強い会社をつくる会計の教科書を買取!

強い会社をつくる会計の教科書画像

今回、「ユニクロ監査役が書いた 強い会社をつくる会計の教科書」を買取りさせていただきました!

会計士と公認会計士の違い皆さんはご存知ですか?実はこれをあまり知らない方多いんです。「公認会計士」とは法的根拠に基づく呼び名であり、その公認会計士の略称が「会計士」となっています。つまり、公認会計士の資格を持っていないのに、会計士を名乗ると処罰されてしまうんです。では会計士に興味がある方にに先生たちの仕事内容がどのようなものか紹介したいと思います。公認会計士の主な就職先は監査法人で、仕事内容は企業の「経営状況」をチェックすること。また、会計士は1日の過ごし方がほかの企業と違い、朝に取引先企業のオフィスへ行き、企業を訪問して聞き取りや調査をします。つまり、自分の会社ではなく取引先の企業が自分の仕事場となります。企業の経営状況が決算書に正しく反映されているかどうか、とことん突き詰めて調べるのが会計士の主な仕事となります。もし、会計士を目指しているのであれば、この教科書を一度読むことをオススメします!また、この教科書をお持ちの方で、手放そうかなと思っている方の教科書買取お申し込みをお待ちしております。

ページの先頭に戻る

教科書

宅配買取の申し込みはコチラ